「在宅ワークを始めたいけど、必要なスキルがわからない......」

「高収入を目指すならスキルは必須なのかな?」

と悩んでいませんか?

 

未経験から在宅ワークにチャレンジしたいけど、なんだかハードルが高そうと感じている方もいるでしょう。

そこでこの記事では在宅ワークに興味関心のある方に向けて、以下を解説します。

 

  • 在宅ワークに必要な基本スキル

  • 高収入を目指せる専門スキル

  • スキルを身につける方法

  • 高単価案件を受注するポイント

 

この記事を読めば、在宅ワークをするうえであなたに必要なスキルやスキルを身につける方法がわかります。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。

12大特典プレゼント

リモラボ公式LINE

 

在宅ワークで必要な4つの基本スキル

在宅ワークで必要な基本スキルをまず押さえましょう。

在宅ワークで必要な4つの基本スキル

 

基本的なパソコンスキル

在宅ワークは基本的にすべての作業をパソコンでおこなうため、最低限のパソコンスキルが必要です。

たとえばWebライターとして在宅ワークをする場合、

 

  • 早く正確にタイピングできるスキル

  • 連絡手段としてチャットツールやメールなどを使えるスキル

  • インターネットから情報を収集するスキル

  • ファイルの管理や納品ができるスキル

 

などのパソコンスキルは最低限必要でしょう。

 

また仕事でパソコンを使わない場合も、クライアントとのやり取りや請求書の管理などはパソコンでおこなうケースも少なくありません。

スムーズに在宅ワークを進めるためにも、パソコンの基本的な知識や操作方法などを習得するとよいでしょう。

 

コミュニケーションスキル

在宅ワークではメールやチャットツールなどでやり取りをおこなうことがほとんどです。

対面でコミュニケーションをとる場合よりも、誤解が生じやすくなります。

 

認識の違いが生まれないよう、円滑にコミュニケーションをとることが大切です。

具体的には、以下の点を意識して円滑なコミュニケーションをとりましょう。

  • こまめにチャットを確認する

  • スケジュールを積極的に共有する

  • 仕事の成果をこまめに報告する

  • Web会議ではお互いの顔が見えるようにする

働く姿が直接見えないからこそ、相手の立場に立ってやりとりできるスキルが欠かせません。

 

自己管理スキル

家事や育児などのスキマ時間を活用して働ける点が、在宅ワークの魅力です。

しかし自己管理がしっかりできていないと、働く時間を十分に確保しにくくなります。

 

「家で1人で仕事をしていると、ついつい怠けてしまう」「成果を出すために逆に働きすぎてしまう」という方もいるでしょう。

 

長く安定して在宅ワークを続けるには、自己管理スキルの習得は不可欠です。

タスクの管理や仕事に集中できる環境づくりなどを通して、自己管理スキルを高めていきましょう。

 

問題解決スキル

会社に出勤して働く場合、上司や同僚に疑問点を質問・相談できます。

しかし在宅ワークでは基本的にひとりで仕事をおこなうため、気軽に質問や相談がしにくくなります。

 

しかもわからないことをやみくもに毎回質問すると、相手の時間を奪ってしまいますよね。

疑問点が出てきたらまず自分でインターネットや本で調べ、自分で問題を解決できるスキルが必要です。

 

日常的に検索する習慣がない方はまずインターネットで検索したり、書籍で調べたりなどして、自分で問題を解決する習慣をつけましょう。

 

高収入を目指すならスキル習得が必須

文字起こしやシール貼り、データ入力など、専門的なスキルがなくても働ける在宅ワークはあります。

とりあえず在宅ワークを経験したい方や、単純作業が苦にならない方にはおすすめの仕事です。

 

しかしこのようなスキル不要の仕事は単価が低く、時間の割に大きな収入は見込みにくくなります。

 

スキルが不要な在宅ワークと専門スキルが必要な在宅ワーク

 

「思ったような収入につながらない」「労力を正当に評価してもらいにくい」と感じて、結局在宅ワークを諦めてしまうケースも多いです。

長く安定的に在宅ワークで稼ぎたい方は、目先の利益を求めるのではなく長期的なスパンで働けるよう、スキルの習得を目指しましょう。

 

専門スキルを身につければ、実績や知識を提げて高単価案件にもチャレンジしやすくなります。

在宅ワークで高収入を目指したい方は、次の章で紹介するニーズの高い専門スキルの習得を目指しましょう。

 

高収入を目指せる専門スキル5選

在宅ワークで高収入を目指せるスキルとして、以下の5つがあげられます。

 

在宅ワークで高収入を目指せる専門スキル

 

Webデザインスキル

Webデザインスキルとは、Webサイトのレイアウトや配色、写真の配置などのデザインスキルです。

このスキルは主に、Webデザイナーの仕事で必要になります。

 

ユーザーにとって見やすいWebサイト制作には、文字を美しく見せるタイポグラフィや色彩構成、トレンドキャッチアップなどが必要です。

 

デザイン業務では、PhotoshopやIllustratorなどのデザインツールを使うのが一般的です。

どちらも操作画面を理解したうえで、基本操作を習得しましょう。

 

【Webデザインスキルを活かせる仕事】

  • Webデザイナー

  • Instagram運用代行

 

Webライティングスキル

Webライティングスキルとは、Web媒体に適した文章を書くスキルです。

企業のWebサイトに掲載するコラム記事やネット広告の文章、ECサイトに掲載する商品の説明文などを書く仕事でこのスキルを活かせます。

 

多くの人に読まれる文章を書き、検索エンジンやSNS経由で集客することが目的です。

ですからWebライターは考えやアイデアを文字で表現する、ライティングスキルだけでなく、

  • 構成力

  • リサーチ力

  • コミュニケーション力

  • 著作権の知識

  • SEOの知識

  • WordPressの知識

などを総合的に習得しましょう。

 

【Webライティングスキルを活かせる仕事】

  • Webライター

  • 編集者/校正者

  • ライティングコンサルタント

  • SNS運用代行

 

動画編集スキル

動画編集スキルとは、企業でプロモーションやマニュアル、YouTubeなどの動画を制作するスキルです。

動画編集では、以下の基本的なスキルが欠かせません。

  • カット

  • テロップ挿入

  • BGM・効果音挿入

  • 色調補正

  • ノイズ除去

  • エフェクト挿入

動画編集では「Adobe Premiere Pro」や「Adobe After Effects」、「Final Cut Pro」など専用のツールを使用するため、これらのソフトを操作できるスキルも必須です。

 

そのほか案件によっては企画構成力やシナリオライティング、音楽への知見などの複合的なスキルも求められます。 

【動画編集スキルを活かせる仕事】

  • 動画編集者

  • YouTubeクリエイター

  • 動画プロデューサー

 

プログラミングスキル

プログラミングスキルとは、Web制作やシステムエンジニアなどの仕事で、コンピュータに指示を出せるスキルです。

コンピュータは人間の言葉は理解できないため、コンピュータに指示内容を理解してもらうには、プログラミング言語への変換が必要になります。

 

とはいえ、プログラミング言語の種類は 

  • Ruby

  • Python

  • Java

  • Swift

など多種多様です。

仕事内容がアプリ開発なのか、データ分析なのかなどによって、求められるプログラミング言語は異なります。

 

どのプログラミング言語も習得には時間と労力がかかるため、どの言語に特化するかを明確にすることが重要です。

【プログラミングスキルを活かせる仕事】

  • ソフトウェア開発者

  • エンジニア

  • ウェブ開発者

  • データベース管理者

  • データサイエンティスト

 

マーケティングスキル

マーケティングスキルとは顧客ニーズを把握したうえで、そのニーズを満たす商品やサービスを提供して効率的に販売や利用促進を促す仕組みをつくるスキルです。

 

WebデザイナーやWebライター、ディレクターなどの仕事でこのマーケティングスキルは活かせます。

マーケティングスキルと一括りにいっても、その総合スキルを支える基本スキルセットは以下のとおりさまざまです。 

  • 分析力

  • 思考力

  • 判断力

  • IT技術

  • コミュニケーション能力

  • 発想力

  • マネジメント能力

  • 物事を俯瞰する力

デジタルマーケティングの分野に特化する場合、まず数字で情報を管理して改善を施せるスキル習得を目指しましょう。

 

【マーケティングスキルを活かせる仕事】

  • マーケティングコンサルタント

  • デジタルマーケティング

  • ブランドマネージャー

  • プロダクトマネージャー

  • SNS運用代行

  • Webライター

  • Webデザイナー

 

在宅ワーカーがスキルを身につける3つの方法

在宅ワーカーがスキルを身につける方法は主に以下の3つです。

在宅ワーカーがスキルを身につける3つの方法

 

本・Webサイト・資格取得で独学する

ひとつ目は本やWebサイト、資格取得などを利用して独学する方法です。

低コストで手軽に学べる反面、わからない点を解決しにくい特徴があります。

 

 

メリット

デメリット

手軽で安価に自分のペースで勉強できる

わからない部分は読み飛ばしがち

Webサイト

動画やスライドなどを使って無料で学べる

疑問点を質問できない

資格取得

学習計画が立てやすく、達成度がわかりやすい

資格の範囲外の知識が身につきにくい

 

在宅ワークで活かせる資格は、身につけたいスキルごとに、いろいろな種類があります。

ご自身がどのようなスキルを極めたいか、まず明らかにしましょう。

 

Webデザイナー

  • ウェブデザイン技能検定(国家資格)

  • Webクリエイター能力認定試験

  • アドビ認定エキスパート(ACE)

Webライター

  • Webライティング技能検定

  • Webライティング能力検定

  • 日本語検定一級

プログラマー

  • ITパスポート

  • C言語プログラミング能力認定試験

  • 基本情報技術者試験

Webマーケター

  • ネットマーケティング検定

  • IMA(Internet Marketing Analyst)検定

  • Web検定

 

セミナーや勉強会に参加する

セミナーや勉強会への参加は、独学が苦手な方や、勉強に費やす時間とお金がない場合におすすめの勉強方法です 

しかしまったく知識がない段階からセミナーや勉強会に参加しても、そもそも話の内容が理解できない可能性があるため、有意義な時間にならないかもしれません。

 

参加の際には、どのレベルを想定した内容かを確認したうえで、自分に合ったものに参加しましょう。

 

メリット

  • 独学が苦手でも参加しやすい

  • 興味関心のある部分だけ集中的に学べる

デメリット

  • 実践レベルのスキル習得には別途、自分で学習が必要

  • 自分のレベルに合った内容か事前確認が必要

 

スクールに通う

スクールでは基本的に、決まったカリキュラムに沿って学習を進めます。

必要なスキルをひととおり網羅でき、ムダのない学習が可能です。

 

スクールによっては、講師やメンターなどが学習スケジュールの管理や疑問点の解消、その後の独立支援などもあります。

 

また一緒に学ぶ仲間がいる分、学習のモチベーションを保ちやすく、途中で挫折しにくい点も魅力です。

スクールでの学習は専門的・実践的なスキルを効率的に学びたい方に、特におすすめします。

 

メリット

  • プロから正しい知識やスキルを学べる

  • わからないことは質問・相談できる

  • 一緒に学ぶ仲間がいる

  • モチベーションを維持しやすい

  • カリキュラムが明確で学習を進めやすい

  • 最新トレンドに対応できる

デメリット

  • 独学と比べると費用が高い

  • 学習済みの内容が含まれる可能性がある

 

最短でスキルを獲得するための6ステップ

スキル獲得には時間と労力がかかります。

そこでここでは最短でスキルを獲得するためのステップを6つご紹介します。

 

最短でスキルを獲得するための6ステップ

 

ステップ1. 目的を明確にする

スキルを学び始める前に、そもそもなぜスキルを習得するのか目的をはっきりさせましょう。

たとえばスキル習得でキャリアアップを図りたい場合、今までのキャリアや経験からどのような強みがあるかわかれば効率的です。

 

細かな目標を設定すると、なにを実現させたいかが明確になり、モチベーション維持にもつながります。

 

ステップ2. スキルをリストアップする

現時点で保有する資格や過去の経験、習熟度などを棚卸しし、リストアップしましょう。

スキルを見える化できると、自分の強みや弱みを客観的に把握できます。

 

自分の強みとなるスキルは、専門性をさらに高めたり派生するスキルに挑戦したりして、伸ばすことが可能です。

一方で弱みに対しては、逆転の発想でどのように活かせるか考えましょう。

 

リストアップできたら、習得すべきスキルに優先順位をつけると、次の行動に移りやすくなります。

 

ステップ3. 学習方法を選ぶ

習得したいスキルが決まったら、具体的にどのような方法で学ぶか決めます。

主な学習方法は「独学」または「スクール」が一般的です。

 

どちらの方法も一長一短があるため、自分のライフスタイルや性格をふまえ、ご自身に最適な手段を選びましょう。

 

ステップ4. 学習し実践する

学習方法が決まったら、いよいよ学習を実践します。

 

しかし、生活のなかで学習の時間を設けるのは、思った以上にハードです。

勉強だけでなく、本業や家事などもある場合、学習時間の確保がなおさら厳しくなります。

学習が進まないと、モチベーション低下にもつながりかねません。

 

しっかりと学習のスケジュールを立て、平日と休日それぞれ学習にどのくらい時間が確保できるかあらかじめ明確にしておきましょう。

 

ステップ5. フィードバックをもらう

やりっぱなしの学習では、本当に自分の学習の仕方が正しいのか客観的にわかりにくくなります。 

正しい自己評価をするためにも、可能な限りメンターや講師など第三者からフィードバックをもらいましょう。

 

定期的なフィードバックは新たな考え方を得るきっかけになり、学習成果へのポジティブな効果が期待できます。

 

ステップ6.継続する

フィードバックをもらったら、分析や改善を繰り返し、より効率的な学習計画を模索しましょう。

 

たとえば思ったように学習時間が確保できなかった場合は、1日のスケジュールを可視化すると学習時間に充てられる時間を見つけられます。

改善を繰り返すと、自分に合った学習方法が見えてきますよ。

 

未経験からスキルアップを目指すならオンラインスクール「リモラボ」

在宅ワークで長期的に安定した収入を得るには、専門スキルの習得が不可欠です。

 

しかし「自分ひとりでスキルを習得できるか不安」「実務で通用するスキルを身につけるためにも、プロからの客観的なアドバイスが欲しい」という方もいるのではないでしょうか。

 

書籍や学習サイトなどを使った独学では疑問点を解決しにくかったり、フィードバックがもらいにくかったりして、効率的な勉強にならない可能性があります。

また人脈もなかなか広がりにくいため、学習のモチベーションを保ちにくい点もデメリットです。

 

現場で通用する専門スキルをしっかり学んで案件獲得を目指したいなら、女性オンラインスクール「リモラボ」をおすすめします。 

「リモラボ」では、スクール内で実践しながらスキルを身につけられる環境が整っています。

 詳しくはぜひこちらをご覧ください。

  >「リモラボ」について詳しく見る 

 

スキルアップだけじゃない!高単価受注のポイント5つ

高単価案件の受注に大切なことは、スキルアップだけではありません。

マインドやスキルの見せ方も大切です。ここでは以下の5つのポイントをご紹介します。

 

スキルアップ以外の高単価受注のポイント5つ

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

自分の価値を下げすぎない

「低単価にしないと案件を獲得できないから」と自分の価値を低く見積もるのはやめましょう。

高い専門性をもっているにもかかわらず、相場よりも低い報酬で案件を請け負うと、業界全体の報酬単価が下がります。

 

自信をもってスキルに見合った報酬を提示するためには、強みやスキルをクライアントにしっかりアピールすることが大切です。

自分がどのようなスキルをもっているかがわかる、スキルシートを作成しましょう。

 

実績を事前に用意する

いくらスキルを習得しても、実際にどのくらいのレベルか具体的な成果物として残っていなければ、クライアントはあなたのスキルを判断できません。

 

採用時にはスキルの根拠として、必ずポートフォリオを用意しましょう。

未経験でまだ実績がない場合は、架空案件を想定したポートフォリオ作成も有用です。

 

さまざまなジャンルに合わせて複数の内容物を用意し、あらゆる分野に対応できるスキルをアピールしましょう。

 

一方的に売り込みしない

フリーランスが受ける案件には、必ずクライアントニーズが先に存在します。

 

クライアントニーズにマッチしていないのに、自分から一方的にスキルやサービスを売り込むのはNGです。

無理に営業されると、押し売りされたという悪印象になりかねません。

 

自分から営業する際には、声がけした理由をまずクライアントにしっかりと説明し、話を聞いてもらうことからスタートしましょう。

 

自己流でがんばらない

時間や労力をかけて一生懸命がんばっているのに、思ったように案件獲得ができない方は、自己流になりすぎている可能性があります。

 

ひとりで悩まずに、すでに高単価を獲得している方や他のフリーランスの方に、どのように営業しているか相談しましょう。

相談できる人がいない場合は、SNSで他の人が発信している内容を情報収集するだけでも勉強になりますよ。

 

現状に満足しない

フリーランスとして活躍し続けるには、自分の基準を高められる環境に身を置くことが大切です。

少しずつでも学ぶ時間を確保し、コツコツとスキルアップしましょう。

 

スクールやオンラインサロン、SNSでのコミュニティなどでは、人脈を広げながら他の人がどうスキルアップしているのか学べます。

 

また、クライアントがどのようなスキルを求めているか事前にリサーチすると、効率的に自分の市場価値を高められるでしょう。

 

在宅ワークに必要なスキルを学んで、高収入を目指そう!

今回は在宅ワークに必要なスキルをご紹介しました。

 

在宅ワークは特別なスキルがなくてもはじめられます。

しかし安定した収益を得たい場合は、専門スキルを習得したほうが長い目でみるとメリットが多いです。

 

本や動画などでのインプットだけでなく、第三者からフィードバックをもらえるスクールでの学習の方が、結果的にスキルを伸ばせます。

 

在宅ワーカーとして活躍するためにも、専門スキルの習得を目指した勉強を始めましょう。